iPhone7sのカメラの小技

iPhone7sのカメラは3GSのころから動画が撮れるなど、古くから利用者目線でさまざまな改良が施さえれています。iPhone7sのカメラは標準アプリでも充分綺麗に撮れることからサードパーティ製のアプリは主に撮影以外の機能について力を入れることが多いようです。



iPhone7sの標準カメラアプリは撮影の際にいくつかのテクニックが利用できます。

人気なgoo ニュース情報探しのサポートをいたします。

カメラは基本的にオートフォーカスなので本体が動けばピントが変わっていくのですが、デジカメでよく使われるフォーカスロックが用意されています。
フォーカスロックはアプリで表示されている被写体をクリックすればロックされます。


ロックは再度タッチすれば解除されますので狙ったピントを取りやすい仕組みが用意されています。


フォーカスロックは解除されるまで維持されますので遠近感を使った撮影などさまざまな用途で利用できます。

iPhone7sのカメラだけではありませんが、スマートフォンのカメラは撮影時に音がなるようになっています。


これは着信音などを無音にしていてもなるのが仕様です。
日本国内だけの仕様ではありますが、撮影時には気になるものです。

特に動物や赤ちゃんなどを撮影する際には撮影の邪魔とも言えます。
通常シャッター音は削除できないのですが、動画撮影モードにして静止画をとれば解除されます。