iPhone7sのアプリ開発

iPhone7sはアプリの数が多いことでも有名ですが、一つ一つアップルがチェックしてから公開されることで安全性が高いことでも有名です。
また、iPhone7sのアプリは有料であってもダウンロードしてくれる可能性が高いことでも有名であり、たくさんの企業や個人がチャレンジしています。

iPhone8の機種変更がオススメです。

iPhone7sのアプリ開発においていは主に2種類の方法があり、1つはアップル純正の開発環境であるxcodeを利用することです。Xcodeは無料で配布されており、アップルとのデベロッパー登録をすることでストアへアプリを提出することができます。

T-SITEの様々な情報を掲載しています。

2つめの方法はサードパーティ製の開発環境を使うことです。

Xcodeはobjective-cやswiftを利用して開発されますが、C++やJava、C#などさまざまな開発言語が利用でき、純正環境に負けないほどの開発ツールが用意されています。

無料で提供されている場合が多いですが、サポート付きの有料プランなど大規模開発にも対応したツールが多数登場しています。

iPhone7s向けのアプリを作る上で重要となるのがアップルのガイドラインです。



アプリは自由に作れますが、配布する際には一定の基準が設けられています。
例えばアダルト要素が入ってはいけないとか、人を騙すような操作感も許されません。
また、セキュリティチェックが厳しく行われるのでウイルスが混入されないかも厳しくチェックされており、利用者に安全なアプリを提供する仕組みとなっています。